常時5,000種類以上の品揃え!

ブレーキパット通販ローター研磨スリット加工キャリパーカラー
  • トップページへ
  • カートの中をみる
  • ブレーキパッド通販
  • トヨタ
  • 日産
  • ホンダ
  • 三菱
  • マツダ
  • スバル
  • スズキ
  • ダイハツ
  • いすず
  • ローター研磨
  • ローター研磨
  • スリット加工
  • キャリパーカラー
  • ご利用案内
  • 運営会社
  • 取付け店が決まっていない方必見!取り付けショップはこちら
  • 修理工場の皆様へ取り付けショップ募集!登録はこちら

ブレーキお役立ち情報

山道でのブレーキテクニック

 最も心配なのが、ブレーキを頻繁に踏んだことによる フェード現象。
通常、ローターの温度は100から150度 程度だが、坂道を下っているときは300度以上に なることもあります。 長時間このような状態になると、 パッドはレジンという樹脂で固められているのに、このレジンが分解して徐々にガスが発生して、 ブレーキの効きが悪くなる状態がフェード現象です。
有機物の焦げるニオイがしたら車を止めて、冷やすようにします。
  同様にペーパーロック現象も要注意。 パッドの熱はブレーキフルードにも伝わり、250度を超えるとフルードが沸騰して気泡が発生し、 ブレーキペダルを踏んでも気泡が小さくなるだけでキャリパーに力がつたらない状態 なることを言います。この場合も車を止めて冷やすこと。

【対策】

  エンジンブレーキを併用して下りる 耐フェード性のあるパッドを利用する ブレーキフルードを質のいいものにしたり、 アルミホイールを装着すると冷却しやすくなります。